タグ: 松川るい

朝鮮戦争の英雄、白善ヨプ将軍が10日ご逝去されたことに心より哀悼の意を表します(松川るい)

久々の本人投稿になります。このところ、中国の海洋圧迫が激化してきたことに注目していて韓国のことは余り注目してこなかったのですが、今晩のプライムニュースが韓国がテーマということで改めて最近の状況を追ってみました。 まず、朝鮮戦争の英雄、白善ヨプ将軍が10日ご逝去されたことに心より哀悼の意を表します。白善ヨプ将軍の献身的な働き無くして朝鮮戦争の勝利は難しかったと思われるわけで、現在、韓国が存在し得ているのは白善ヨプ将軍に負うところ大です。他国のこととはいえ、その英雄を国立墓地に埋葬しないことの意味がわかりません。私自身、韓国駐在中にお目にかかりましたが、当時90歳になろうかというお年でしたが大変健啖で、ヨンサンの米軍基地のアメリカンクラブでステーキをご馳走して下さり、日米韓安保協力の重要性について語って下さいました。 現在の文在寅政権が米韓同盟の立役者ともいうべき英雄に本来あるべき敬意を払っていないとすれば、朝鮮戦争や米韓同盟についてどのような見方をしているのか懸念せざるを得ません。

新型コロナ:日本のレピュテーション・コスト(世界からの評判を落とす危険)を考えよ。(松川るい)

 新型コロナウィルスは、リンクの追いきれない感染が国内で確認され新たなフェーズを迎えた。たとえ感染しても死亡者を出さないように治療体制を整える国内体制の強化が一層重要になる。但し、水際対策は失敗したのでもはや水際対策は意味はないという意見があるが、それは違うと思う。専門家によれば、ウィルスは「かかるべき人」がかかるまで感染が続くそうだ。かかるべき人が全部感染してしまうとウィルスは増殖すべき場所がなくなり段々弱体化していく。この「かかるべき人」の範囲を狭める上で水際対策は引き続き意味をもつ。同じく、不要不急の移動や集会を自粛することによる接触の機会を減らすことや危険な状況の隔離も意味を持つ。が、私は、医療の専門家ではないので、医学的見地からの新型コロナウィルス対策は専門家に譲る。 私が訴えたいのは、レピュテーション・コスト(評判が地に落ちることによるコスト)である。今、日本の新型コロナ対策に対する世界からの評価は極めて厳しい状況にあると自覚する必要がある。私は、関係者は実に献身的努力をしているし、日本の医療水準は高いので、他国に比べて日本の状態がそこまで危険かといえば必ずしもそうではないと思う。(たとえば、カンボジアで感染者1名というのはとても信じられない。多分検査をしていないだけなのではないか。)しかし、実際はどうあれ、「日本政府の対応は後手で緩く、きちんと事態の統制ができていない」と世界に認識されている。日本の「評判」(reputation)が落ちているのだ。その結果、日本自体が中国同様、世界からの拒否対象国となりつつある。 中国全土を入国拒否対象にしていないこともあるが、何と言っても一番の原因は、クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号の感染拡大だ。国内感染はまだ73人、死亡者1名に抑えられている(他2名の死亡者は正確にはクルーズ船感染者である)のに、600人を超える感染者がクルーズ船で発生したこと、検査は2回して陰性を確認した人だけではあるものの、そのまま下船させたことにより、日本の印象は格段に悪くなっている。今や、欧州では日本人は中国人同様警戒対象だ。日本開催の会議やイベントは海外からキャンセル。観光客も激減している。日本を入国拒否対象にする国もある。 英国船籍で米国企業が運営しているクルーズ船の感染拡大の責任を全部日本がしょい込んでしまっている。もともと日本に寄港する前に感染は始まっていたわけであり、日本が全部の結果を負うような恰好になっているのは不本意でもある。 本来なら、寄港拒否しても良かったはずだが、日本人が多いから受け入れた。その判断をした時点では、船内での隔離が可能だという前提でそのような判断をしたものだと思うので仕方ないとも思う。

「未婚のひとり親」税額控除の満額回答~自民党女性議員達のもたらした変革~(松川るい)

 みなさま、応援ありがとうございました。御礼兼ねての報告させて頂きます。今回の税調は、重鎮たちをしてこんな税調は初めてと言わしめた、女性パワーが炸裂した税調でした。 女性議員達の熱意が伝播して男性議員含め賛同者は140人を大きく超えました(今も増え続けています)。重鎮で占められる税調もちゃんと応えて下さいました。自民党はやっぱり懐の大きな国民政党なのです。 ――――  本日、自民党の令和2年度税制改正大綱案が固った。未婚のひとり親に対する税額控除が、既婚のひとり親と同じになる。未婚のひとり親に対しても、既婚のひとり親と同じように、既存の寡婦(夫)控除が適用されるようになる。男性のひとり親と女性のひとり親の格差もなくす。これは、小さいようだが、大きな変化への一歩だ。日本は、これから、もっと子供中心の、男女平等の、多様な人生を認める社会に変わっていくと期待する。 大綱の内容は以下のとおり。 1.「未婚のひとり親について寡婦(夫)控除を適用する。この際、適用する条件は死別・離別の場合と同様とする。  2.寡婦(夫)控除について、寡婦に寡夫と同じ所得制限(所得500万円(年収678万円))を設ける。