日米TAG(長峯誠)

182

日米TAG交渉・日米首脳会談について報告を聴取しました。

米国側は日米の貿易不均衡を是正するように求めているようですが、日本側は「そもそもTPP離脱は米国の決断である」と反論し議論は深まっていないようです。

具体的な現状認識や細かい要求内容が全く詰められていないようなので、事務的な作業を進めようと日本から提案しているようです。

なかなか前途多難ですが、わが国は焦る必要は全くありませんので、じっくり腰を据えて交渉を進めてほしいと思います。

※ひな壇には国益を守り抜く会会長の江藤拓代議士。私の隣は元宮崎県農政企画課長の大角亨TPP対策本部内閣審議官です。