「新生児も大事な国民、温かい慈愛を♡」(有村治子)

194

コロナ感染症対策を日本全国で講じている中、国民一人一人に10万円分の「特別定額給付金」が支給されることになっています。誰が、その給付金を受けることができる対象者となるのか–政府は4月27日を「基準日」と定め、その日に生を享けていた方であれば、その後逝去された方も受給対象者とする一方で、4月27日までに生まれた新生児は受給対象者に、4月28日以降に産声をあげた赤ちゃんは、10万円を受け取る資格がないと、整理していました。

これについて、不妊治療の末、5月のゴールデンウィークに双子の赤ちゃんを授かった方のご家族から心のこもったお手紙を頂いた有村が、少子化対策担当大臣経験者として、また出産の大変さと心細さを知る「妊婦さん」経験者として、声をあげました。

「病院もコロナを警戒している緊張があり、緊急事態宣言下で都道府県をまたぐ里帰り出産も許されず、夫婦の立ち会い出産も認めてもらえず、家族の付き添いも許されない中で、妊婦さんは新しい命をやっとの想いで産んでいます。出産前後の経済的負担は、若い夫婦にのしかかります。

授かった命は等しく貴重であって、行政手続きの基準日(4/27)前後で、赤ちゃんの公的支援10万円の明暗が分かれ、差が付くのはフェアではありません!『大変な中、よくぞ産んで下さった-!!大変な中、よくぞ生まれてきてくれた!!』と社会が温かい想いで新しい親子やご家族を見守ってこその日本であるべきです!」と訴え続けてきました。

この働きかけが功を奏して、少子化対策部門と、地方創生担当部門が粘り強く交渉・連携を進めて下さり、4月28日以降に生まれた赤ちゃんにも10万円が交付できる枠組みが作られつつあります。全国紙では今朝の読売新聞が、スクープ的に一面で報道しています。

今まだお腹の中にいる胎児も含め、命を尊ぶ健全な社会でありたいです。生まれてくる赤ちゃんは、”日本の希望♡たからもの“そのものです!!