朝まで生テレビ!(木村義雄)

先日、31年前にスタートした長寿番組、テレビ朝日の「朝まで生テレビ」にパネラーとして出演させていただきました! テーマは「激論!外国人労働者問題と日本の未来」~今回の入管法改正で日本はどう変わる?~ということで、有識者9名のパネリストの皆様と熱い熱い討論をさせていただきました。 さすが噂の番組だけあり、とても深夜とは思えない熱気でした。反論をしようにも遮られたり、説明をすればしたで同じ議論に持ち込まれたりしましたが、ただ1つ皆様にお伝えしたいのは、どの出演者の方もよりよい日本にするために、皆真剣に考えているということです。 番組はじめマスコミからは、2019年4月の施行を目指し政府が受け入れ拡大を急いでいるという点や、移民政策ではないかという本質からずれた話題ばかりが取り上げられますが、そうではありません。ご指摘ご不安はごもっともですが、まずは来年度に直面する問題を解決する必要があるのです。と、同時に未来に向けての政策もたてるのです。  実は私は何年も前から、労働者不足問題と外国人労働者の受け入れについては、海外の優秀な人材を正面から日本に迎えられるように、法整備が必要なことを提言してまいりました。日本経済を支える労働力の1つとして海外の優秀な人材にご協力いただき、共生社会を作ることが必要だと考えていたからであります。  外国人材に頼る前に、国内の労働人口を増やすことは当然のことであります。女性や高齢者、未就職者の活用などは当然の話です。

参議院自由民主党新議員説明会を開催いたしました

参議院自由民主党新議員説明会を開催いたしました。皆が一丸となり、令和・日本の新たな国づくりを進めてまいります!!!

平成31年度予算が成立しました

参議院本会議にて平成31年度予算が成立し、安倍晋三総理大臣が予算成立の挨拶に参議院自民党を訪れました。 平成31年度予算の詳細については、下記のWebページをご参照ください。 首相官邸ホームページhttps://www.kantei.go.jp/ 財務省 平成31年度予算案ページhttps://www.kantei.go.jp/

祝令和-みらいの福祉!(そのだ修光)

福祉の現場において、その中心は、人間です。「人が困っていることに気がつき、手を差し伸べる」これが福祉の本質的な姿だと思います。福祉の本質を少ない担い手と限られた財源でどのように実現するのか、それが我々には問われています。 そのためには、第一に、担い手が働きやすく、働きがいのある職場環境を創りましょう。福祉の担い手は、多様です。妊娠出産をする女性、子育て中の人、親の介護が必要な人、高齢者、文化的背景の異なる外国人、そのような多様な人たちが介護の現場を支えています。腰痛防止のための機械や、便利に報連相ができ、多少日本語が不自由でも簡単に情報共有ができるICTシステム、夜間見守りセンサー等を導入し、介護現場を高度化させることで、柔軟性が高く、少ない人手でも質の高いヒューマンサービスを提供できる職場環境を作っていきましょう。このような高度化を進め、施設運営を助けられるように私も国に一生懸命働きかけて行きます。 第二に、地域の福祉拠点として施設が活躍する社会を創りましょう。施設には様々な福祉のプロフェッショナルが働いています。それぞれの専門性を高め合い、協働して質の高い福祉を提供できる環境を創りましょう。「新たな処遇改善」は施設で多様な職種に対して配分することができるようになりました。一方で、その対象から外れているケアマネージャーを最優先に処遇改善を求めていきます。 第三に、施設が、ひとりも人を孤立させない福祉の網目が広がる魅力的な地域社会を創るためのハブ機能を果たそうではありませんか。これから多死社会が進みます。国の制度は、在宅での看取りを進める方向性です。施設が、自施設内での看取りを進めるだけではなく、地域内の在宅での看取りをサポートする体制を整えましょう。しかし、看取りを行うには、人材育成、医療看護介護の連携、リスクマネジメントの仕組みなどが急務です。 そして、これらの取組のデータを蓄積することで、より良い福祉、現場に根ざした政策立案を行うことができます。

足立敏之 参議院議員 メッセージ

https://www.youtube.com/watch?v=0Hyxk9EaRv0&feature=youtu.be

自由民主党神奈川県支部連合会「児童虐待防止街頭活動」(中西健治)

https://youtu.be/1yipEMXF3Aw 見逃すな 小さな叫び 小さな命「虐待かもしれない」と思ったら、「お節介」などと迷わずに児童相談所全国共通ダイヤル「189」に電話をしてください。子供たちには、大人の虐待からわが身を守るすべがありません。子供たちの命を守れるのは、私たち大人だけです。

朝日健太郎のライバルはスカイツリー

朝日健太郎(東京都選挙区) 朝日健太郎参議院議員(東京都選挙区)は憲政史上一番背の高い199cm。「高い」繋がりで平成28年の初出馬の際はスカイツリーにて第一声。 それ以来、スカイツリーをライバルとして意識しているらしい。

#自民党2019 プロジェクト

自由民主党では新元号「令和」の施行とともに「#自民党2019」プロジェクトを開始しました。 詳細は・プロジェクト特設サイトhttps://jimin2019.com/・プロジェクト開始のリリースhttps://www.jimin.jp/news/activities/139465.htmlをご覧ください。

安倍総理の商店街視察に同行(世耕弘成)

都内・戸越銀座商店街の安倍総理視察に同行し、キャッシュレス決済のサポートをさせていただきました。総理はコンビニエンスストアで電子マネーの申込み、発行及びチャージを行った後、鮮魚店で電子マネー決済、生花店でQR決済を利用して買い物をされました。今回の視察で、安倍総理にはキャッシュレス決済は簡単に始められること、集客につながること、店側にレジ入れ替え等の負担はないことなどを、「百聞は一見にしかず」で実感してもらえたと思います。

朝日健太郎 参議院議員 メッセージ

https://www.youtube.com/watch?v=ZDaJxzK1P0g&feature=youtu.be

靴磨き講座を開きました(大家敏志)

先日、地元の北九州事務所で秘書と靴磨き講座を開き、革靴のメンテナンスの仕方を伝授いたしました。 本日は、東京の参議院会館事務所で講座を開会。秘書の靴を磨きあげます。 早速始めていきましょう。水を少し使うのがポイントです。 まずは全体的に。

みどりと花の県民運動大会(滝波宏文)

今週末は、「みどりと花の県民運動大会」からスタート。毎年参加させて頂いていますが、今年も素晴らしい晴天!福井県が誇る恐竜の木像の周りで、子供達が遊ぶ景色は微笑ましかったです。

代表質問:岡田直樹(平成31年2月1日)

https://www.youtube.com/watch?v=O4Zd7oMdIyw&feature=youtu.be&list=PLORODpWQujd2Qitp0pXVetlGWRN5Vuhcu 自由民主党の岡田直樹です。   自由民主党・国民の声を代表して、安倍内閣総理大臣の施政方針演説について質問いたします。   とりわけ、本日、私は、日本国憲法をめぐる現状をどう認識し、その課題にどう対処すべきかという観点でお尋ねしたいと思います。

新宿駅西口にての街頭演説会(三原 じゅん子)

自民党女性局の児童虐待防止啓発活動沢山の皆様に足を止めて頂き、感謝申し上げます。 松島みどり広報本部長も駆け付けてくださいました

国政報告(大沼みずほ)

大石田町で地元の加賀まさかず県議の県政報告とともに私も国政報告の機会をいただきました。地元の皆さんと力を合わせて取り組んできた豪雪対策や東北中央道の整備促進、JA東部、西部選果場についてお話したほか、地域医療体制の整備など今後の課題にも触れました。今後も加賀県議や自民党支部の皆さんと連携して参りたいと思います。 例年より雪が少ない地域もある中、大石田町ではまだまだ雪が残っていました。歩道は除雪された雪で私の背を超えるほどの高さに。除排雪への支援、安全性の確保など、雪国における課題解決に向け今後も尽力して参ります。 この日は、自民党寒河江支部総会や遠藤利明先生の新春の集い(天童市、中山町)にもお招き頂きました。野党統一候補の報道がありましたが、地道にこれまで山形県の発展のため、地域のために地域の皆さんとともにしてきたことを訴えて参りたいと思います。

サイト開設にあたってご挨拶

参議院自由民主党の最大の強みは、オープンで自由闊達に物が言える文化があること。 そして、多様な意見を大切にすることです。 明治時代、新しい風を吹き込み、次世代のための新しい日本を創り上げる基盤となったのは、福沢諭吉先生の言う「多事争論」でした。参議院自由民主党には、多事争論の気風があります。様々な意見を交わした上で、決めるときは決め、その上で一致団結して政策を進めてきました。 6年という衆議院に比べれば長い任期がある参議院では、様々な知恵と経験を持つ専門家からの目線で厳しい議論が行われています。6年という長い任期で解散がないからこそ、その時々の熱気に飲み込まれず、国民の皆様が本当に望んでいる政策は何か、国民の皆様の生命や幸せ、安定した生活を実現する政策は何かを見極め、その気持ちに謙虚に寄り添うことができる参議院自由民主党でありたいと信じて、日々活動を行っております。 引き続き、皆様のお力添えよろしくお願いいたします。...

子ども・子育て支援法の改正案可決(石井正弘)

5月9日 子ども・子育て支援法の改正案。5日目となった今日の内閣委員会は、内閣総理大臣に対する質疑です。そして、最後の宮腰特命担当大臣に対する質疑を経て、採決を行いました。国民民主党も賛成し、法案は賛成多数で可決しました。後は本会議です。

今日の勉強(中泉松司)

党政調での法案審議、若手勉強会、ILC国際リニアコライダー ....今日だけでも盛りだくさんですが、目まぐるしく永田町を走りながら、日々勉強だなぁとつくづく思います。 もちろん、勉強だけではなくてその先に結果があるんだけど、その結果を出すためにまずは気を引き締めて勉強しないと。 何事も前向きに、全力で頑張ります。夏の陣が迫って、良い緊張感の中で活動出来ている事は良いことだ。

国際司法裁判所等視察(中西けんじ)

5月1日の「即位後朝見の儀」参列後、深夜便でオランダのハーグに飛び、国際司法裁判所、常設仲裁裁判所、国際刑事裁判所などを視察しています。厳しい日程ですが、「司法外交」の活発化を目指す司法制度調査会の事務局長としては、どうしても自分の目で見ておきたかった場所です。有意義な視察となると期待しています。

代表質問:馬場成志(平成31年1月29日)

https://www.youtube.com/watch?v=BGLGT-nOxHg 自由民主党の馬場成志です。私は自由民主党・国民の声を代表して、ただいま議題となりました平成29年度決算について質問いたします。 一昨年2月に設置された参議院改革協議会では、参議院の組織及び運営の改革について精力的に検討を重ねてきました。昨年6月には、参議院でこれまで取り組んできた決算審査の充実とともに、行政の監視・監督を活動のもう一つの柱と位置づけ、行政監視機能の強化に議院全体として取り組んでいく旨、議長に報告しています。これを受け、参議院では、これまで築き上げてきた決算の参議院という側面に加え、本会議を起点とした新たな行政監視の年間サイクルをつくりあげ、行政監視委員会の活動を一層強化・充実させて参ります。更に一層、多角的に、政府の活動をチェックしていきたいと存じます。 先週公表された、毎月勤労統計の不適切な調査問題に関する報告書では、まさかという事実が明らかになっています。統計の正確性へのあまりにも軽い認識、適正な手続きを無視した意識の低さ、抽出調査を統計学的に処理しなかった統計処理能力の欠如、など基幹統計を扱う機関とは思えない杜撰さが長きにわたり続いていたことに愕然としております。特別監察委員会の有識者による聞き取りを再度実施すると伺っておりますが、更なる全容解明のためにも速やかに行っていただきたいと思います。今回の問題を契機に行われた、政府の56の基幹統計に関する一斉調査の結果、22統計でミスが見つかりました。政府全体で統計調査に対する意識が低いという根本的、構造的な問題があるのではないかと危惧しております。過去一年間ではありますが、政務の端くれとして籍を置いた私自身も責任と憤りと恥ずかしさなどいろいろな思いがこみ上げてきます。再集計値をもとに正しい給付金に改めることや追加給付金の迅速な支払を行うことはもちろんですが、「組織として統計調査に関与していなかった」というガバナンスの問題との指摘も含めて、真摯に受けとめた上、二度とこのような不適切極まりない事案が発生しないよう、解体的出直しをする覚悟で抜本的な見直しを早急に講ずることが必要ですが、根本厚労大臣のお考えをお伺いします。 さて、平成29年度決算を見ると、一般会計歳出、歳入ともわずかに増となりました。歳入では、税収及び税外収入ともに予算額を上回っています。公債依存度も、一般会計で34%台と厳しい状況ではありますが、前年度と比べて約5ポイント改善されています。この決算から「経済再生なくして財政健全化なし」が正しいことを確信したところですが、安倍総理におかれては、引き続き、経済成長と財政を持続可能にする基盤をどのように固めていくおつもりなのか、お伺いいたします。

パンとカメラとわたし(今井絵理子)

昔から馴染みのあるハーリー(伝統漁船による競漕)に初参戦!私はチームのリズムを指揮する鐘つきという役でした! よ〜く見てほしい。鐘じゃなーいっ!フライパーンっ🍳そして頭にはカメラ!若手芸人じゃないですよ笑 ハーリーを通して沖縄の人々と心を通わせることができた日でした。

平成31年3月6日 予算委員会(太田房江)

https://www.youtube.com/watch?v=7FiyyaXNnBA ●     1:50~ 統計問題-EBPM(証拠に基づく政策立案)推進について●     7:07~ 大阪・関西万博、効果の広域化・持続的発展●    18:33~ インバウンド消費による経済効果●    22:56~ インフラ整備の必要性●    35:00~ 児童虐待への対応

ライブ&トーク(二之湯武史)

先週11日、守山市のライブハウスBlueにて、初めての試みとなる『二之湯武史 ライブ&トーク』を開催しました。ビートルズ、クイーンなどお馴染みのナンバーを、その曲名にちなんだ政治トークに絡めて披露するという新しいスタイルの政治イベントです。 例えば、『let it be』では曲名の意味する通り、いかに私が今まで"あるがままに"活動してきたかを、『we are the champion』では曲名の通り"みんな一人一人がチャンピオン"であり、一人一人の参加意識が政治を作るんだ、といった風にトークを交えてのライブ演奏でした。 普段の政治イベントでは絶対にありえない"女性絶対多数"の環境で、出来る限り率直に、出来る限り共感される言葉を選び、出来る限り自然体でステージを演じました!

地元と東京のバランスは(上月良祐)

どうしたらいいか、国会議員の永遠の悩みですね。バランスがホントに難しい… 地元の声で現場がわかり、東京で活躍するからこそ、その声を政策に活かせる。 新人かベテランか、政府入りしてるかどうか、国会中かどうかなど、時と場合によってバランスは全然違います。 その議員の個性にもよりますね。 僕はまだまだ試行錯誤の真っ最中…

注文を間違える料理店(石田昌宏)

今日と明日、厚生労働省の食堂で、認知症の方々がサーブしてくれる「注文を間違える料理店」が開かれ、食事してきました。 http://www.mistakenorders.com/ プロフェッショナル介護福祉士の和田行男さんらが中心となって企画。厚生労働省も好意的に食堂を貸してくれました。 最初、1人でテーブルに座ってたら、‘寂しそうね’...